メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

業務案内

CASE 06/賃貸オーナーFさんのケース

CASE06
家主の立場が理解できる税理士がいい
空室対策と修繕に悩んでいる…
不動産の税務は調べるほどわからなくなる…

申告時期になってから相談に来られる方がいらっしゃいますが、
不動産は購入するときが一番大切なのです。

購入形態、融資スタンス、損益とキャッシュフロー、そして税金…
お客様の置かれている状況によってやり方が違うものですから、
まずは事前にご相談いただくことが大切です。

購入された後に当事務所へ税務相談にお越しになられて、
相談の順序を誤っていたことに気づかれることが多々あります。

「そんな方法があったのか…」

購入された後ではもう遅いのです。

新築、中古、個人、法人、一棟買い、区分所有、サラリーマン、セミリタイア、
医師、農家、老後の生活資金、相続対策…
不動産は、その人の背景にある事情によっても対応方法は様々です。

相談は有料となりますが、責任をもって検討をさせていただきます。
また、税理士に相談をもちかけてよいか判断のつかない方もいらっしゃいます。
その場合には、無料で対応方法をご提案させていただきます。

税理士の三保は、
農家に生まれ、兼業農家、土地バブル、アパート・ビルの建築、駐車場経営、
相続、土地の売却、ガレージのある生活など、
これまで不動産に関わってきたことから、不動産オーナーの気持ちが理解できます

不動産家主の成功事例が多い三保税理士事務所へ、是非ご相談ください。

相談を希望される方へ

三保税理士事務所は、家主のお客様が多いです。
不動産は税金が大きく関係してきますので、購入や売却はもちろんのこと、
普段から税理士との関与をお勧めいたします。

お問い合わせ (説明ページへ移動します)

関連情報

家主支援プログラム
収益不動産を購入するときのツボ (blog記事)

このページの先頭へ
ページの終了